子育てしながら介護士の仕事を続けるポイントと両立が難しい理由

2019年01月26日

介護コラム
介護と子育ての両立が難しい理由

介護士の資格を持っているにもかかわらず仕事についていない方の約半数は、子育て中のママです。

介護士と子育ての両立が難しい5つの原因と、2つの解決策をご紹介します。

なぜ介護士と子育ての両立は難しいの?

介護士と子育ての両立が難しい理由は人それぞれです。

なかでも多いのが次のの5つの原因です。

原因1:介護と育児のダブルケア

介護士のお仕事は、歩行困難な方や寝たきりの方のサポートが主です。

子育て中の介護士の場合、職場ではそういった方たちの体調管理や排泄、食事など身の回りのお世話を行い、自宅に帰ってからも子供のケアをしなくてはなりません。

職場でも家庭でもサポートに追われるため、「人のお世話が好き!」というだけではなかなか続けられないのが現実です。

原因2:精神的に疲れる

医療の現場とは違って、介護の現場では高齢の方のケアを行うことがほとんどです。

けがや病気が治って元気になっていくのではなく、最初は出来ていたことが徐々にできなくなったり、会話ができていた方と意思疎通が取れなくなったりと、症状は進行していく傾向にあります。

自宅に帰って子供の成長に喜びを見出し、うまくバランスを保っている介護士ママももちろんいますが、人の生と死の狭間に立たされ疲れてしまう介護士の方も少なくありません。

原因3:体力が持たない

介護士の業務内容の中には、寝たきりの方の入浴介助や移乗介助など、体力が必要となるものもあります。

足腰に負担のかかる動作のため、慢性的な腰痛を抱えてしまう介護士の方もいます。

子育ても同じで、低年齢のお子さんがいらっしゃるかたは、抱っこや入浴などでも体力が必要。

体を休める暇がありません。

原因4:ライフルタイルの変化

晩婚化や高齢出産が増加する昨今、子育て世代は30代から40代の方が最も多いと言われています。

介護士と子育ての両立を行うには強い精神力と体力が必要ですが、体力を維持することは若いころとは違って用意ではありません。

また、40代の方では、自分の親の介護が必要になるケースもあります。

そうなれば、職場での介護、育児、親の介護とのトリプルケアになるため、介護士の資格を持っていても職場復帰を躊躇せざるを得ません。

原因5:休日が少ないなどの職場環境

医療や介護の現場に休みはなく、夜勤は必ずついて回るものです。

特に介護の現場は人手が少なすぎることもあり、職場によっては休みさえも取りにくい場合があります。

子育て中の介護士ママにとっての夜勤は、精神的にも肉体的にも辛いものです。

労働基準法、育児介護休業法によって定められている「夜勤免除制度」も利用できますが、自分の代わりになる人がいないのを分かっていて申告するのはかなり勇気のいる事。

そういった介護士の方々の背景を考慮して、近年では24時間の施設内保育所を設けているところもあります。

介護士と子育てのダブルワークも、職場環境次第で安心して取り組むことができます。

どうすれば両立できる?

介護と子育ての両立対策
介護士と子育ての両立が難しい原因はいくつもあります。

この問題を解決して、介護士と子育てを両立する方法は2つあります。

解決策1:転職で自分に合った職場探し

子育て中でも安心して介護の仕事を続けられるかどうかは、職場次第です。

「残業や夜勤が少ない」「休みが取れる」「施設内保育所」などの条件が揃っているかどうかをしっかりと見極めて転職先を選びましょう。

また、介護士の方々が転職の際に重視するポイントとして、「人間関係」「給与」「立地」「福利厚生」などがあります。

長く働き続けるには、どれも重要なポイント。

子育て中の介護士ママにとっても気になるところです。

ご自分の環境に合い、尚且つ好条件の職場を探してみましょう。

解決策2:家族の協力と無理をしない働き方

家族のサポートを受けられるのでしたら、24時間保育施設よりも安心で費用もかかりません。

ただ、その場合は、家族の方々にとって無理のないサポートであることが大事です。

条件に合う職場を見つけて、無理をせずに仕事や子育てをできたとしても、支えてくれる家族に無理があれば本末転倒です。

自宅や子どもをあずける実家と近い場所にあるかどうか、サポートしてくれる家族の仕事状況、そういったことも踏まえて、家族と一緒に相談して選ぶと良いでしょう。

まとめ

介護士と子育ての両立が難しい理由は、精神的また肉体的にオーバーワークになりやすいこと。

また、自分の親の介護の可能性や職場環境の不安など、様々な要因があります。

解決策は、自分に合った転職先を見つけることも大事ですが、無理をしない、無理をさせない働き方をすることも長く勤務するコツです。


このコラムの監修者

株式会社エリメントHRC

キャリアアドバイザー

水野 裕貴(みずの ゆうき)

大学卒業後、外資系保険会社にて法人・個人向けにリスクコンサルティング業務に従事。現在は、人材コンサルタントとして医療系有資格者の方に特化した求人をご紹介。病院・事業会社双方へ約1200名を転職成功に導く。候補者様が、次のステージで輝かしいキャリアを築いて頂く為の面談を行っている。