薬剤師として派遣で働くってどうなの?派遣社員を選ぶ人気の理由

2019年01月24日

薬剤師コラム
派遣薬剤師が人気の理由

人手不足が深刻な薬剤師ですが、今は正社員ではなく派遣薬剤師として働くという選択肢もあります。

厚生労働省が発表した「医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」によると、2016年12月31日時点の薬剤師数は23万186人で、うち女性が151万754人を占めています。

このことから女性が活躍できる職場であるといえます。

女性の場合、結婚や子育てをするとなると、休職や退職という選択をとることもあります。

ですが、薬剤師であれば派遣でも仕事を続けられます。[注1]

「派遣薬剤師ってどんな待遇なの?」「派遣で働くデメリットってあるの?」という方に向けて、今回は派遣薬剤師が人気の理由、メリット&デメリットなどをまとめています。

[注1] 厚生労働省:医師・歯科医師・薬剤師調査の概況[pdf]
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/16/dl/kekka_3.pdf

派遣薬剤師が人気の理由

一般職において派遣社員は働き方のひとつとしてそこまで活用されないものですが、薬剤師においては意外と人気がある雇用形態です。

その人気の裏側には、フレキシブルな勤務条件、時給の高さなどが挙げられます。

勤務条件を選ぶことができる

派遣薬剤師は自分の都合に合わせた勤務条件を選ぶことができます。

例えば、夕方は子どものお迎えがあるから夕方には仕事を終わらせたい、親の介護で土日は休みたいなど、比較的自由に勤務できるのが強みです。

プライベートの時間を作りやすい

派遣薬剤師だと正社員に比べて勤務時間を自由に設定できるため、勤務時間次第ではプライベートな時間も作りやすくなります。

人によっては契約が切れたら数週間働かない時期を作り、その後また派遣で働くという方もいます。

正社員よりも高時給

派遣というと正社員よりも時給は低いと思われがちですが、派遣薬剤師は特に薬剤師が不足しているところでの求人が多く、その分時給が高めに設定されています。

正社員だと時給に換算すると2,500円くらいと言われますが、派遣だと3,000円以上が相場です。
※都会から離れた場所だと4,000円以上のところもあるようです。

高時給だけでも十分おいしいですが、その上待遇は正社員並みのところも多いようです。

契約期間が長ければ有給休暇の取得も可能です。

人間関係に悩んだら転職しやすい

どの業種でもそうですが、人間関係の悩みはあるものです。

正社員であればそう簡単に職場を離れることができませんが、勤務年数が最大1年の派遣社員であれば転職が容易です。

元々契約期間が短ければ、「あと数ヶ月の関係だから!」と割り切れるかもしれませんね。

派遣薬剤師で働くデメリットとは

派遣薬剤師になると
派遣社員はいろいろとメリットがありますが、勤務地が限定されるというようなデメリットもあるので、よく知っておきましょう。

勤務地を選べない

派遣薬剤師は勤務条件を選べるというメリットがありますが、勤務地は選べません。

もちろん、「通勤時間30分以内」などの条件をつけることは可能ですが、基本的に派遣会社から指定された勤務地で働くことになります。

拒否することもできますが、断ってばかりだとなかなか勤務先が見つからない可能性も考えられますので注意しましょう。

契約期間があるため周囲との関係構築ができない

派遣は原則として1年しか勤務できず、場合によっては数ヶ月で契約が切れることもあるのは先述のとおりです。

周囲との関係構築は長期的な関わりの中で形成されるものなので、短期間しか職場にいられない派遣薬剤師には難しいもの。

派遣という雇用形態では何度も経験することなので、疲れてしまう方もいらっしゃるようです。

キャリアアップが難しい

正社員なら長く働いていれば管理職になる可能性はありますが、派遣ではキャリアアップはほぼ無理でしょう。

もし将来的に管理職を希望している方は正社員へと方向を変えましょう。

産休・育休の際の復職が難しい

派遣薬剤師は働き方の自由度が高いとはいいますが、産休・育休の際の復職は難しいと言えるでしょう。

もちろん福利厚生もしっかりしていますので産休・育休は取得できるものの、ブランク明けの女性を新規で雇うのは難色を示されます。

また、子どもが小さいと急に熱を出したりすることもあり、職場の理解も得られにくく、働きづらくなってしまいます。

派遣を選んだほうがいい薬剤師

家事育児に忙しい方、短期間でしっかりとお金を稼ぎたい方は派遣薬剤師としての勤務がおすすめです。

子育てを頑張りたい

派遣は時間に融通か聞くので、仕事と子育ての両立がしやすいでしょう。

そのため、子育てを頑張りたい、子どもとの時間を大切にしたい方に向いています。

短い期間でお金を稼ぎたい

派遣薬剤師は時給が高く、短期間でお金を稼ぐことができます。

突然お金が必要になった方はご自身のペースで働けると気持ち的に助かりますよね。

派遣を選んではいけない薬剤師

派遣薬剤師に向いている方がいれば、当然向いていない方もいます。

同じ職場で長く働いていきたい方、管理職としてのキャリアアップを目指している方は他の働き方を検討しましょう。

管理職として活躍してマネジメントをしたい

派遣として職場を転々とすれば、臨機応変に対応できるようにスキルアップができますが、職場でのキャリアは上がっていきません。

先程もお伝えしたように、「将来的に管理職になりたい」「マネジメントしたい」という方は正社員としてひとつの職場でキャリアアップを目指しましょう。

長く同じ職場で働きたい

条件が良い職場であれば、可能な限り同じ職場で働きたいと思う方もいらっしゃると思いますが、派遣だと原則1年、長くて3年と短期間です。

働きが良ければ正社員として採用されることもありますが、ごくまれな話なので無いと思っていても良いでしょう。

まとめ

派遣薬剤師は時給が高い、働き方の自由度が高いなど正社員にはないメリットがあります。

ただ、スキルアップ・キャリアアップは難しいですし、勤務先が選べない、長く勤務できない、職場によっては風当たりが強いケースも見られます。

まずはデメリットも知った上で、ご自身のライフスタイルに合っているなら派遣薬剤師も検討してみるといいでしょう。


このコラムの監修者

株式会社エリメントHRC

キャリアアドバイザー

児山 亜樹(こやま あき)

都内私立大学卒業後、金融機関に入社し、金融コンサルタントとしてビジネスマン・経営層(役員クラス)に対し、運用商品の営業に従事。その後、医療業界特化のサーチファームであるエリメントHRCに転職し、現在までに1000名以上の医療従事者の転職支援を行っている。営業、専門職、医療有資格者など多岐に渡る人材をサポートし、特に看護師・放射線技師等のコメディカル人材の【病院⇒企業】への転職サポートに強みを持つ。