未経験からMRになる方法は?30代でも転職できるの?

2019年01月12日

薬剤師コラム
未経験からMRへの転職

MRは知識が必要。けれども未経験者でも転職は可能

製薬企業に転職しようと考えた時に候補のひとつとなるMR。

しかし、実際のところ未経験から挑戦できるものなのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

MRとして働くには医薬品の知識が必要となりますが、絶対に必要な資格はありません。

様々な職種や経路から未経験でMRに挑戦する方もたくさんいるため、決して不可能なことではありません。

今回は、そんなMRについて解説します。

薬剤師のなかでも年収が高いMR

MR(Medical Representative)、つまり医薬情報担当者の主な仕事は、自身が勤めている製薬メーカーなどの薬の品質や効能などを、医者や薬剤師に向けて広報・営業することです。

薬剤師として働く人の中でも特に高収入が見込めるといわれるMR。

ここからは、そんなMRに就職・転職する際有利になるというMR認定試験や年齢による転職の難易度、年収平均値などを紹介します。

「MR認定試験」合格で得られるMR認定証があれば転職で歓迎されやすい

MR認定試験は医薬情報担当者認定教育センターが主催している試験で、合格することによりMR認定証が交付されます。

大規模な病院などではMR認定証を持っている者でないと訪問すらできないこともあります。

そのため、MR認定証を持っているということは、就職・転職の際に製薬企業などからも歓迎される1つの要因となります。

なお、MR認定試験の内容は医療品情報、疾病と治療、MR総論の3科目があり、合格率は近年下がってきており、70%前後に落ち着いています。[注1]

[注1]公益財団法人MR認定センター:これまでの試験結果
https://www.mre.or.jp/info/examination_result.html

何歳までなら転職できるの

転職できる年齢に決まりはありませんが、やはりMR経験者で若い人が一番転職しやすくなります。

20代では転職できるのかという心配はあまりないと思いますが、この業界では比較的転職の際の受け口が広いこともあり、30代前半でもMR経験者や営業職での実績などがあれば積極的に採用してくれる製薬企業も珍しくありません。

しかし、30代後半からはこの受け口が一気に狭くなってしまい、企業がどうしても欲しがるぐらいの営業実績などが無いと転職は厳しく、未経験だとなおさら転職は難しいでしょう。

MRの年収平均値

高年収と言われるように、MRの年収平均値は709万と比較的高い年収になっています。

20代の未経験者であっても初年の年収が600万を超える求人もしばしばあり、MRの経験がある人にはさらに好条件の求人もあります。

大手企業の場合年収1,000万円も目指せる

大手の場合だと、平均年収が1,000万を超える企業もあり、20代後半で700万以上の年収が見込めます。

中には年収1,000万を超える人もいるようです。

大手企業に就職ができれば、実力次第で年収1,000万は充分に達成できる年収となります。

MRへの転職事情

MRへ転職すると高年収など様々なメリットがありますが、一方で多くのデメリットも存在します。

転職を考える際には、MRに転職した際のメリット・デメリットを理解してからチャレンジしなければいけません。

メリットは高収入が期待でき未経験の採用もあること

やはりMRに転職をする最大のメリットは高年収でしょう。

しかも、メリットは高年収だけではなく、未経験者でも挑戦できる業種であることが挙げられます。

MRになるには薬学部などの特定の学歴が必要なわけではありません。

製薬企業によっては未経験であっても採用し、就職してから勉強をしてMR認定試験に合格することでMRとして活動させてもらえるケースもあります。

デメリットは転勤やノルマ・医療現場における立場の弱さ

MRとして働くと問題になってくるのは転勤になったり地方へ配属されたりする可能性が高くなり、営業職である以上、ノルマに追われてしまうところです。

また、医療現場でMRという職業は非常に弱い立場にあり、営業先での医師や薬剤師などの対応の難しさや、なかなか結果に繋がらないことで精神的な辛さが生じることもあります。

MRが転職先に選ぶ業種や職種

MRが転職をする際に選ぶのは、別の製薬企業のMRであることが多く、20代MRでは他業種や医療技術系の道に進む人もいます。

しかし、30代からは家族のためや生活の質のためなどなかなか年収を下げられない理由があり、他業種への転職率は大幅に下がります。

未経験でも年収1,000万円を目指すことは可能

製薬企業の営業・広報担当者であるMRについて解説しました。

高収入で未経験者では転職できないと考えられがちのMR。

MR認定試験に合格したり、営業での実績を持っていたりすれば、未経験で転職して年収1,000万円を叶える可能性もあります。

しかし、メリットの一方で転勤やノルマの辛さなどデメリットもあります。

こうした点も理解した上でMRに挑戦しましょう。


このコラムの監修者

株式会社エリメントHRC

キャリアアドバイザー

児山 亜樹(こやま あき)

都内私立大学卒業後、金融機関に入社し、金融コンサルタントとしてビジネスマン・経営層(役員クラス)に対し、運用商品の営業に従事。その後、医療業界特化のサーチファームであるエリメントHRCに転職し、現在までに1000名以上の医療従事者の転職支援を行っている。営業、専門職、医療有資格者など多岐に渡る人材をサポートし、特に看護師・放射線技師等のコメディカル人材の【病院⇒企業】への転職サポートに強みを持つ。